千葉県成田市にあるボンベルタ成田5Fの歯医者、ボンベルタ歯科クリニックです。

ボンベルタ歯科クリニックロゴマークボンベルタ歯科クリニックロゴマーク

電話番号:0476-20-8110

メイン画像

TOPページへTOPページへ診療方針/診療メニューページへ診療方針/診療メニューページへスタッフ紹介ページへスタッフ紹介ページへクリニック紹介ページへクリニック紹介ページへ治療費についてページへ治療費についてページへ

歯を失った方の治療

▲下線部をクリックすると、その項目まで移動します

インプラント治療

インプラントとは

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、支えとなる歯根も失ってしまうということです。
失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで冠や義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工歯根)療法です。

インプラントとは

ボンベルタ歯科クリニックでのインプラント手術体制の安全性について

歯周病専門医が行うインプラント

インプラントはチタンで出来ている為に、虫歯にはなりません。
またインプラントは骨の中に埋め込むことによって、支えられています。
つまり、周囲の骨がなくなってしまうとインプラントは、脱落します。
これは、自分の歯が歯周病で骨が溶けて抜けてしまうのと全く同じことです。
インプラントは、ただ埋入出来ればいいのではなく、それが長年にわたって機能しなければなりません。そのためには、支えている骨がなくならないように、まず歯周病の治療を行う必要があります。さらに、インプラントを長持ちさせる為には定期的な歯周病専門医によるメンテナンスが必要となります。
当院では「日本歯周病学会認定歯周病専門医」がインプラント埋入後もしっかりとメンテナンスを行います。

歯周病専門医についてはこちらをご覧ください

歯科用CTの導入

人体は3次元なので、正確な診断をするためには、3Dで撮影することが重要です。
CTは、3Dで撮影した画像を、コンピュータでデータ処理することで、顔の断層写真を得ることができる装置です。
歯科用CTは、従来のレントゲンとは違い、骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)まで得ることができます。そのため、的確な位置、角度、深さにインプラントを埋入することができます。
当院で導入している歯科用CTは、必要な箇所のみをピンポイントで撮影するため、被爆量を最小限に抑えることができます。

img_implant_point02.jpg

当院では、複数の滅菌装置を導入し、治療に使用する器具はそれぞれ専用装置にて滅菌しております。

当院の滅菌対策についてはこちらをご覧ください

img_implant_point04.jpg

インプラントの技術は日々進化しております。国内外問わず、最新の技術・情報の習得のため、定期的に研修や学会等に参加しております。

入れ歯(義歯)

保険の入れ歯と自費の入れ歯の比較

保険が適用される入れ歯と自費の入れ歯を比較しました。

 

保険適用

自費(保険適用外)

人工歯の色・形の種類

保険入れ歯

少ない

シリコン義歯

バリエーションが豊富で、天然歯に近い形状を実現できる

床の種類

保険入れ歯

少ない

金属床

多い

装着時の感覚

保険入れ歯

違和感を感じる場合がある

磁石付き義歯(マグネットデンチャー)

違和感がほとんどない

強度

保険入れ歯

少し劣る

インプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)

優れている

かみ心地

保険入れ歯

食事によっては食べにくい物がある

コーヌス義歯(テレスコープデンチャー)

より良くかめる

自費入れ歯の紹介

このように、保険適用外である自費の入れ歯はほとんどの項目で優れています。
保険適用の入れ歯でも十分満足されている方は当然いらっしゃいますが、使う材料や治療方法に制限がありますので、すべての方が満足されるわけではありません。

一方、自費の入れ歯は、より精密な型取りや表情に合わせた設計など、高い技術力・手間・時間を要し、歯科医師と歯科技工士が連携して作製します。
そのため、自費の入れ歯を選択される方が増えているのです。
ここでは、当院で取り扱っている自費入れ歯の一部をご紹介します。

シリコーン付き入れ歯

歯ぐきに接する部分を、生体用シリコーンというクッション素材で覆った入れ歯です。
この生体用シリコーンの弾性により、噛みしめた時の歯ぐきにかかる負担をやわらげ、痛みを軽減しています。
また、吸着力にも優れており、ズレにくく外れにくいのも特徴です。

シリコーン付き入れ歯

金属床入れ歯

「床」とよばれる歯ぐきに接する部分が金属でできている入れ歯です。
金属の種類は、ゴールドやコバルトクローム合金、チタン合金などがあります。
金属の強度を活かし、「床」の部分がレジンと比べて薄く作られています。
そのため、食べ物の温かさや冷たさを感じることができ、食事も楽しむことができます。

金属床入れ歯

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)

残っている歯に磁性金属が埋め込まれた金属を取り付け、入れ歯側に取り付けた磁石とで固定する方法です。
強力な磁石を使用しているので、ズレたり外れるといった入れ歯の悩みを軽減することができます。
シンプルな構造なので、お手入れも簡単にできます。

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)

インプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)

2~4本のインプラントを埋入して土台とし、入れ歯を装着する方法です。
インプラントオーバーデンチャーにはいくつか種類があります。
ボールタイプとよばれる、ホックで留める様に入れ歯とインプラントを連結させて固定させる方法と、バータイプとよばれる、埋入したインプラント同士をバーで連結し、入れ歯側に埋め込まれたクリップで固定する方法が代表的です。
(※画像はバータイプです。)

インプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)インプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)

コーヌス義歯(テレスコープデンチャー)

土台となる歯と入れ歯にそれぞれ合った金属を取り付け、茶筒のふたのように固定する入れ歯です。
精密に作製されているため、安定性が非常に優れています。

コーヌス義歯(テレスコープデンチャー)

交通アクセスへ交通アクセスへ

menu00.jpg

▼該当する項目をクリックしてください

専門医が行う歯周病治療へ専門医が行う歯周病治療へ

お子さんの歯科治療へお子さんの歯科治療へ

健康を考えた歯科治療へ健康を考えた歯科治療へ

当院でのインプラントへ当院でのインプラントへ



一般歯科(虫歯治療)へ一般歯科(虫歯治療)へ

妊婦さんの歯科治療(マタニティ歯科)へ妊婦さんの歯科治療(マタニティ歯科)へ

入れ歯(義歯)へ入れ歯(義歯)へ

予防歯科へ予防歯科へ

歯のクリーニングへ歯のクリーニングへ

ホワイトニングへホワイトニングへ

レーザー治療へレーザー治療へ

親知らずの抜歯へ親知らずの抜歯へ

定期検診へ定期検診へ

無料メール相談ページへ無料メール相談ページへ

スマートフォン版はこちら
http://www.bonbelta-dental.com/sp/
アドレスをメールで送る